はじめてあやとりを集団に教える。

たいへんだー!とある人に、今、あやとりにはまってると話してしまったことから私があやとりを、みんなに教えるという機会を得てしまった。断りきれなかった!

うー。

規模は20人弱ぐらい、年齢層は50から70歳くらいの男女比1対1の集まり。あやとりは余興とし使われるらしい。だいだい10分で終わるようにとの事。しかも頼まれたのは1週間前。

んー。

いったい何を教えればよいんだー。難しすぎてもだめ、簡単すぎてもだめ、且つ、タイトル通りに見えるものでないと納得してくれないだろう。しかも1対1でなく、1対20。皆さんがあやとりをどれくらいできるのかも検討がつかない。というか、どのひもを取っているのか見えないだろう!全部口で説明せんといかん!

ていうか、ホントに大丈夫なの?あやとりでって感じなのですが。もう引き受けたことを後悔してます。眠れぬ夜が続いてます。話した人には綾取が日本だけでなく外国にもあるということを言ってしまったので、外国の綾取に絞った。候補としては、

アパッチ・ドア
見た目が美しいので気に入ってもらえるはず。簡単だと思った。よくよく考えてみると、親指ひもをはずす操作、口で説明するのは難しい。

簡単。簡単。このあやとりが気に入って私はいつもパチンパチンしてました。だから気に入ってくれるはず。でもなぁ、蚊だよ。目上の人に蚊を教えるのもなぁ。
バタフライ
できあがったときのぐるぐる。あれはすごいインパクトに残る。でも10分じゃなぁ1回ぎりぎり教えるのがやっとのような。それにひねる操作ができるかどうか。
4段ばしご
ここは無難に。。。。時間が余ったら5段、6段にでも。知っている人が多いのかな。
魚(ハワイ)
誰が見たって魚だよね。よく書く魚の絵と似てるし思ってるのは私だけかな。ああいう魚の絵って昔は書かんかったのかな。でも10分じゃ時間が余りそう。

考えた挙句、魚にしようかと。何か他にもないかなぁ。只今、台本製作中。
どうなる!私。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です