あやとり占い

あやとりで遊び終わった後、私は8重にしてしまいます。つまりあやとりの紐をねじって半分に折って2重にして同じ事をして4重、8重にしてしまいます。

そして次に使うときにちょっとした占いを実行します。目をつぶって8重の紐を半分ずつにします。その紐の様子で占うのです。

占いの結果

私が基準としている形は
何事にもスムーズな一日。すんなり交わりだけで別れた。
気分よくすごせるでしょう。絡み目がある。
落ち着いて行動しよう。交わりも絡みもないものがある。
といった感じです。 まぁ、占いの結果は各自で考えてください。

あやとりアンケート

かめ→ゴム→飛行機

このあやとりを知っていますか?このあやとりには地域差があるようです。かめの部分が両手を使って表現する方もいれば片手だけの方もいます。かめの前に鉄橋があったり、飛行機の後にカブトと言う方もいます。

というわけで、手始めにかめ、ゴム、飛行機のあやとりの地域差についてアンケートを実施したいと思います。御協力お願いします。

2013年にアンケートは終了しました。

あやとりの語源

関西地方では「あやとり」の事を「いととり」と呼ぶそうです。ここでは何故「あやとり」でなく「いととり」なのかを考えてみたいと思います。

あやとりは古語?

これは私の個人的な考えなのですが、あやとりという名称は古語ではないのかという説です。方言は京都に都があった頃の名残として時代を経て伝わっていると聞いた事があります。だから京都から遠い方に行くほど時代をさかのぼることができるそうです。全ての方言がそうだとは限りませんが、もしあやとりが古語だと仮定してみます。

「あや」のつく言葉

次に“あや”のつく言葉についてまずは考えてみたいと思います。「言葉のあや」という言葉があります。どういう場合に用いられるかと数人の方(20代)に質問してみました。返ってきた答えは悪気はないのだけれども相手が少し誤解を招いている時に「これは言葉のあやだよ」というそうです。良い意味では使っていないようでした。

しかし、「言葉のあや」の意味は表現上の技巧、文章、言葉の言いまわし(現代国語例解辞典/小学館)です。これから想像すれば良い意味、悪い意味、両方に使えるはずなのですが、言葉のあやは誤解を解くためにしか用いられていないようです。

では、なぜ悪い意味でしか用いられなくなったのかです。それは“あや”という言葉の誤解からではないでしょうか?あやのつく言葉を探すと、怪しい、賤し(古語)危うい、誤り、過ち、殺める、あやかる、あやす、操る、彩なす、菖蒲、などです。言葉のあやの“あや”が過ちや誤るとして用いられてしまっているのではないのかと考えました。このような考え方が都で広がり、あやとりという言葉が使われなくなり、いととりになったのではという仮説です。

いかがでしょうか、まだあやとりという言葉がいつから使われたのかなどの時代考証はしていませんので私自身も確証はしていません。

ご意見、ご批判、参考文献などお待ちしております。

二人あやとり

名称

ふたりあやとりをとっていくと川、馬の目など色々なものに変わる。この名称について調べていく。

規則性

あやとりの取り方は規則性があるようだ。

永遠

ちょっとした疑問。このふたりあやとりは何がおもしろいのだろうか?ずっととっていくことがおもしろいのだろうか。

ここでちょっと提案。ふたりあやとりで遊んでいるときのゲーム。
1.とれなかったら負け。
2.とったあやとりに名称をつけていく。
3.ふたりで速さを競う。
2番目のあやとりはちょっとおもしろいのでは。

はしごの不思議

4段はしご

4段はしごに注目。はしごの交差点は2種類ある。からみと交わり。1973年6月号の『科学朝日』”「あやとり」でいろんな段の「はしご」を作る”pp.98-101を読んでみた。これによると交わりとからみがポイントらしい。

からみ目だけの遇数段ばしごは作れないらしい。なぜだかよく分からないけれども、作れないらしい。でもほんとに作れないのか?と考えてみた。

中心を最初からこんな感じにしてみたらできるんじゃないのかな。と思ってやてみ
た。できた。からみ目だけのはしごができる。

なんちってともかく一度考えてみて下さい。

03/08/10追加
からみは横でなく縦で考えるそうです。TSさんからご指摘をうけました。あやとりBBS、No39より引用。あやとりの「はしご」についての基本的な話は、国際あやとり協会の会誌3号(1996)(http://www.isfa.org/bisfa.htm#Volume3)の”Ladder String Figures: A Systematic Approach”,93-107頁に掲載されています。

小学校であやとりの授業を

伝承遊びとしてのあやとり

あやとりは伝承遊びである。だから昔は口頭でしかあやとりを伝えることができなかった。いつあやとりがはじまったのかを記すものもなければ、あやとりを解説した本は少ない。

しかし、現在はあやとりの本があって本からあやとりを覚えるという人が増えたのではないのだろうか。実際に私もその一人である。本から覚えるのと人から教わるとの違いは思い出である。あやとりとともに、そのとき話した話題や失敗を印象強く覚えているのではないのだろうか。この思い出にこそ伝承遊びとしての役割と価値がある。

小学校で

ここで1つ提案である。たとえば小学校の授業であやとり1時間とりいれる。これは小学生が親、姉妹、祖母からあやとりを教わり、家族の中でどうあやとりが伝わっているのかを調べるのである。子どもは誰から教えてもらったのか覚えていないかもしれないが教えた本人ならば覚えているはずである。あやとりとともに思い出を語ってもらっうのである。

授業ではそのあやとりや思い出を話し、本には載っていないあやとりがあればそれは大発見につながるのではないのだろうか。あやとりを用いてのコミュニケーションをする授業なんてものはいかがだろうか。

本来ならばこういう事は自然に起こりうるべき事である。しかしおもしろそうである。

あやとりの工夫

カラフルな紐

いつもは1色の紐。2本の色違いの紐を結んで輪を作ってあやとりをしてみよう。いつもと違った雰囲気。どうあやとりが絡んでいるのか繋がっているのか分かるかも。

2人で

あやとりを2人でやったらどうなるのか。いつもしているあやとりをふたりで片手ずつ用いてとってみよう。2人になったらつかえる手は3本、4本。もっと複雑な形をした立体的なあやとりができるかも。

結び目のある紐

いつもは結び目のない輪を使ったあやとり。もしここに一つ結び目を作ってそれを利用したあやとりをしてみよう。

2本で

いつもは1本だけの紐。もしここで2本の紐を用いてあやとりはできるかな。やってみよう。

あやとりの可能性

手先が器用に

あやとりをすると手先が器用になると思います。その他に、どの紐がどう絡んでいるのかを考えると頭の中で想像できるようになります。脳の空間処理が発達するかも。

のび太くん

あやとりをしている人で有名な人といえば野比のび太。のび太くんがジャイ子と結婚する時には花火の会社を設立しているし、静香と結婚する時はもう皆さんご存知のはずだ。あやとりの可能性は創造力を伸ばすこと。紐で形を表現するから制限が多いから創造力が高いひとには見えるし、見えない人は全く見えないだろう。

参考サイトのび太イズム