あやとりを20年も覚えていられるのか?

ずっとずっと不思議に思っていたことがある。あやとりを20年も覚えていられるのか?子どものときにあやとりをして、覚えて、次に自分の子どもにあやとりを教えるまでの間は約20年くらいになるのではないのか。それまでに遊んだあやとりを覚えていられるのか。

よく子どものときにやったクロールが大人になってもできる、つまり体が覚えていたという話をよく聞く。けど、あやとりってそんな単純じゃない。クロールみたいに同じ動きの繰り返しじゃない。どこの紐を、上から下から、はずして、ひねって、ってかんじで、ひとつ順を間違えるとあやとりは作れなくなる。

でも実際にあやとりをしてみると、指が覚えている。一人あやとりや4段ばしごは一気に取らないとできない。途中で止まると、次どうするんだっけって考えてしまう。指が覚えるほどあやとりしてたんだよね。

指が覚えるまであやとりをしてたら20年間覚えていられるかもしれないけど、実際にそこまで覚えている人って少ないと思う。そう思うと、こうしてあやとりが伝わってきたのがすごいと感じる。母親ってすごい、おばあちゃんってすごい!伝えてきた人みんなすごい!

イマドキの高校生はあやとりができない?

いろいろな場所で自己紹介をするとき、「あやとりのチエです」ってかんじで言います。大勢の中にいても初対面の人でも覚えてもらえます。あやとりって誰でも知ってるものだから見ず知らずの私でも声がかけやすいみたいです。

最近、二組の女子高生に出会いました。その方々、なんと二人あやとりができなかったんです!!これは衝撃的な出来事でした。はしごはともかく二人あやとりくらいなら誰でもできるだろうって思ってましたから。何でできないの?って思いました。尋ねてみると、やったことはあるけど忘れた。。。とのこと。うーん、この先あやとりは過去の遺物になっちゃうのでしょうか。

世界あやとり紀行 -精霊の遊戯- 展

もう開催していますが、「世界あやとり紀行 -精霊の遊戯- 展」が東京のINAXギャラリーで1月20日まで開催されています。

もちろん私も参戦します。早く行きたくてうずうずしてます。夜行バスで初日に見に行こうかとも考えましたが、予定が合わず見送り。12月22日に開催されるあやとりのワークショップには仕事を休んで行きます。ちょうどその日は仕事が夜勤でお休みを取るって上司さんに言ったらいやな顔されましたけど。まぁ何が何でも休むつもりでしたが。とっても楽しみです。HPの展覧会の様子を見るだけでも、行きたくなりました。待ちきれません。

なんだかこの展覧会がきっかけになっているようで、私のところにいろいろと不思議なメールがきます。毎回毎回驚いてます。とってもうれしいのですが、わたしはまだそんなにすごい人じゃありません。ってかんじです。

今、私はたくさんのチャンスをつぶしています。ちゃんとやってたら今頃おはスタに出てたかもしれません。たくさん後悔しています。22日は励ましてもらいに行きます。

あやとりを教えてきました

5月18日夜。あやとりを教えてきました。大まかな流れは、
皆さんにひもを配りながらあやとりを日本特有のものでなく、外国にもあることを述べてナバホのバタフライを披露。ビデオを持ってこればよかったとおっしゃられた方がいて、ちょっと私は自慢げ。誰にでもできるんだけどね。
あやとりをしたことがない人と質問。2名ほど手を上げられて、絶句。がんばりましょうと一言。それから言葉の説明。どのひもが手前なのか上なのか。
まずは手慣らしに「やさしいちょうちょ」。ゆっくりやっているができない人のほうが多かった。次に「きれいなちょうちょ」を2回。途中であきらめている人が数名。
最後に「ぱっちんほうき」。これはだいぶできてました。時間がない、できてない人がいるのを承知で行ったあやとり教室。ほんとできなかった人ゴメンナサイ。
考察。
いろいろな人の手元を見ました。やはり口だけの説明、前で見本を見せているだけではあやとりは取れない。実際に横に取れる人が必要です。取れた人の周りで取れる人が多くできるうようです。決して前にいる人が取れるわけではないようです。席替えの必要性を感じました。最初にグループにしておくべきでした。1回目は生徒でも、2回目は先生になれる。おもしろいですね。
1番興味を持たれた方はあやとりをしたことがない方でした。その後どうなったでしょうか?

あやとりを教えるための打ち合わせ

あやとりを大勢の人にいっぺんに教える前に協力してくれるNさんと打ち合わせをしました。まずはみんなにとってもらうあやとり、ハワイの魚を披露。私が取ると時間にして10秒もかかりません。そんな私の手先がNさんには手品のように見えたようです。
さて実際に教えてみました。んんっ?なぜできん?言葉での説明だけでは分かりづらいだろう。でもあやとりが見える距離にいるのだからマネをするくらいならできるはず。なのにできん。結局ハワイの魚を作るのに30分近くかかってしまった。これはヤバイ。
ということで、教えるあやとりを変更。やさしいちょうちょ、きれいなちょうちょ、ぱっちんほうきの3種。3種も無理!けどやりたいそうなので無理やりにやるらしい。全員はできそうもないな。ものすごく心配です。
この3種を教えるている時も、かなり時間がかかりました。あやとりができない人を見ることは不思議なものを見るように思えました。奇妙な指の動きをしていて、見ているこっちが指をつりそうになります。初めてあやとりをしたとき私もああだったのかと思うと信じられません。
そのときに外国のあやとりをいろいろと披露しました。やっぱりNさんには手品に見えるようで、バックミュージックに手品の音を使ったらいい。チャラララララ~♪
ってオイ!あやとりは手品ではありません。ちゃんと手順をふめば誰でもできる遊びです。種も仕掛けもありません。

ぶんぶく茶釜

あやとりを一人でしていて1番つらいことといえば、それは二人あやとりができないこと。たまーに母に手伝ってもらって二人あやとりをすることがあるけれど、母が知っている範囲内でしかしてくれない。新しいあやとりを覚えようとはしてくれない。取り方は知っているのに、まだ取れていないあやとりがいくつかあります。うー。

今日はトラバってみました。MMPかわら版。国立民俗博物館で活動されている市民団体みんぱくミュージアムパートナーズのワークショップのブログだそうです。
ぶんぶく茶釜は、あやとりから指を離す遊びで、最後まであやとりが離れなかった人の負けというゲーム性のあるあやとり。しかも唄つき。唄つきのあやとりって珍しいです。

あっち向いてホイやいせせのような単純なゲームが暇つぶしのときに役立って何十分もしてるっていうことがよくありました。ぶんぶく茶釜もそのひとつになりそうです。常時ひもの準備をしておかなくては

だが、私はぶんぶく茶釜のメロディーを知らない。あやとりの本にはメロディーまでは載ってないからな。うー。してみたいなり。うらやましいなり。

はじめてあやとりを集団に教える。

たいへんだー!とある人に、今、あやとりにはまってると話してしまったことから私があやとりを、みんなに教えるという機会を得てしまった。断りきれなかった!

うー。

規模は20人弱ぐらい、年齢層は50から70歳くらいの男女比1対1の集まり。あやとりは余興とし使われるらしい。だいだい10分で終わるようにとの事。しかも頼まれたのは1週間前。

んー。

いったい何を教えればよいんだー。難しすぎてもだめ、簡単すぎてもだめ、且つ、タイトル通りに見えるものでないと納得してくれないだろう。しかも1対1でなく、1対20。皆さんがあやとりをどれくらいできるのかも検討がつかない。というか、どのひもを取っているのか見えないだろう!全部口で説明せんといかん!

ていうか、ホントに大丈夫なの?あやとりでって感じなのですが。もう引き受けたことを後悔してます。眠れぬ夜が続いてます。話した人には綾取が日本だけでなく外国にもあるということを言ってしまったので、外国の綾取に絞った。候補としては、

アパッチ・ドア
見た目が美しいので気に入ってもらえるはず。簡単だと思った。よくよく考えてみると、親指ひもをはずす操作、口で説明するのは難しい。

簡単。簡単。このあやとりが気に入って私はいつもパチンパチンしてました。だから気に入ってくれるはず。でもなぁ、蚊だよ。目上の人に蚊を教えるのもなぁ。
バタフライ
できあがったときのぐるぐる。あれはすごいインパクトに残る。でも10分じゃなぁ1回ぎりぎり教えるのがやっとのような。それにひねる操作ができるかどうか。
4段ばしご
ここは無難に。。。。時間が余ったら5段、6段にでも。知っている人が多いのかな。
魚(ハワイ)
誰が見たって魚だよね。よく書く魚の絵と似てるし思ってるのは私だけかな。ああいう魚の絵って昔は書かんかったのかな。でも10分じゃ時間が余りそう。

考えた挙句、魚にしようかと。何か他にもないかなぁ。只今、台本製作中。
どうなる!私。

〈古今百風〉吾妻餘波 壹編

西尾岩瀬文庫にちょうど私が行ったときに開催されていた岩瀬文庫平成悉皆調査中間報告展Ⅲこんな本があったという企画展示にて紹介されていたのは『幼稚遊昔雛形』と『〈古今百風〉吾妻餘波(あづまなごり) 壹編』でした。この書物にもあやとりの絵があります。

詳しくは国際あやとり協会のデータベース、アート作品江戸明治大正に紹介されています。また、さいとうたまさんが書かれた国際あやとり協会の会報2004の表紙(さいとうたまコレクション)に採用されています。

もちろんこの書物にもふたりあやとりの姿がありました。あやとりは女児の遊びとして紹介されています。どの浮世絵を見ても例外なく女の子があやとりをしています。男の子があやとりをしてる姿なんてあるのかなぁ。たぶん今も昔もあやとりは男女関係なく取られていると思うのだけれども、実際のところはどうなんでしょうか。今も、あやとり=女の子というイメージが付いているのでしょうか?

母や祖母からあやとりを教わるというのはイメージも実行もできるのですが、父、祖父からというのは私はイメージができません。これだけあやとりのことを考えても父に聞くというのは、今まで思いつきませんでした。これを機会に聞いてみようと思います。

幼稚遊昔雛形

今日は晴月園さんの米米まんじゅうを買いに愛知県西尾市に行ってまいりました。西尾と”あやとり”の関係は西尾市岩瀬文庫に所蔵されている「幼稚遊昔雛形(おさなあそびむかしひながた)」です。国際あやとり協会のデータベース遊戯史考証のページで紹介されています。

西尾市岩瀬文庫は古書の博物館で江戸から戦前までの書物が約8万点所蔵されています。しかも実物の書物を実際に手に取れる博物館なのです。100年前の書物に実際に触れることができるなんて滅多にできない体験です。ドキドキです。

私も実際に「幼稚遊昔雛形」(広報にしお「岩瀬文庫コレクション」2004に紹介あり)を触れてみようと思い、出かけました。しかし、行った時間が遅かったため(申し込みは午後3時半まで)現物に触れることができず、断念。「幼稚遊昔雛形」を複写したものを閲覧しコピーしてもらいました!

あやとりの絵がありましたよ。ふたりあやとりをしてる姿が。どんな浮世絵を見ても、古い書物を見ても、必ずふたりあやとりをしている姿が描かれています。あやとり=ふたりあやとりなんですね。ひとりであやとりをする姿は最近の傾向なんでしょうか。そういえば、ひとりであやとりをしている姿の浮世絵なんて見たことがないですね。

行ったときにちょうど企画展示されていた「岩瀬文庫平成悉皆調査中間報告展Ⅲこんな本があった!」(2006年4月2日にて終了)に実物が展示されていました。しかも隣には『古今百風吾妻餘波(あづまのなごり)が!次に続く。