幼稚遊昔雛形

今日は晴月園さんの米米まんじゅうを買いに愛知県西尾市に行ってまいりました。西尾と”あやとり”の関係は西尾市岩瀬文庫に所蔵されている「幼稚遊昔雛形(おさなあそびむかしひながた)」です。国際あやとり協会のデータベース遊戯史考証のページで紹介されています。

西尾市岩瀬文庫は古書の博物館で江戸から戦前までの書物が約8万点所蔵されています。しかも実物の書物を実際に手に取れる博物館なのです。100年前の書物に実際に触れることができるなんて滅多にできない体験です。ドキドキです。

私も実際に「幼稚遊昔雛形」(広報にしお「岩瀬文庫コレクション」2004に紹介あり)を触れてみようと思い、出かけました。しかし、行った時間が遅かったため(申し込みは午後3時半まで)現物に触れることができず、断念。「幼稚遊昔雛形」を複写したものを閲覧しコピーしてもらいました!

あやとりの絵がありましたよ。ふたりあやとりをしてる姿が。どんな浮世絵を見ても、古い書物を見ても、必ずふたりあやとりをしている姿が描かれています。あやとり=ふたりあやとりなんですね。ひとりであやとりをする姿は最近の傾向なんでしょうか。そういえば、ひとりであやとりをしている姿の浮世絵なんて見たことがないですね。

行ったときにちょうど企画展示されていた「岩瀬文庫平成悉皆調査中間報告展Ⅲこんな本があった!」(2006年4月2日にて終了)に実物が展示されていました。しかも隣には『古今百風吾妻餘波(あづまのなごり)が!次に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です